今なら全品送料無料&最大30%OFFセール開催中!

ソファの色でみるインテリアコーディネート術:オシャレな部屋づくりのコツは家具同士のカラーだけではなかった?!

更新日:2020.12.25


ソファは大型家具のため室内での存在感も大きく、色選びに悩まされた経験がある方も多いのでは?


でも、色の持つイメージやカラーコーディネートのコツを学べば安心


どんな部屋を作りたいか、どんなインテリアを目指すか、次第でソファの色選びは決まってきます。


また、ソファの色は家具同士だけでなく、壁や床の色も考慮して選ぶことで、グッとお洒落な空間に!


Hommyは購入・販売だけではなく、レンタルにも対応しています。


▼ソファの選び方について詳しく知りたい方はこちら


もし、欲しいソファが既存家具に合うかわからない、希望するテイストのインテリアにマッチするかわからない、といった際でも、実際に部屋に配置して部屋との相性を確認してから購入することも可能ですよ!
 

色が持つイメージから①

まずは、それぞれの色彩が与えるイメージと、メリット・デメリットについてご紹介します。




黒は、すべての色の中でもっとも明度が低い色です。


黒がメインになると少し閉鎖的なイメージになりますが、使い方次第でモダンやシックな雰囲気を作ることができます。


部屋に黒を取り入れるメリット・デメリットは以下の通り。


メリット
●    高級感を作りやすい
●    光の陰影が映える


デメリット
●    ネガティブなイメージがある
●    天井や壁が黒いと閉塞感が生まれる


 


白・オフホワイト


ウエディングドレスなど華やかな場で使われる、白。


ネガティブなイメージを持ちやすい黒とは正反対で、「希望」「清らかさ」を感じさせる色といえます。


事実、白やオフホワイトを基調に部屋作りをする人も多いです。


部屋に白・オフホワイトを取り入れるメリット・デメリットは以下の通り。


メリット
●    空間を広く見せられる
●    部屋全体がスタイリッシュになる


デメリット
●    汚れが目立ちやすい
●    綺麗な部屋を維持するのが大変


 


グレー


黒と白の中間色である、グレー。


いわゆる「無彩色」といわれる色である一方、インテリアカラーとしては重宝される色です。


また、グレー自体に主張がなく他のカラーと合わせやすいため、部屋作りにおいても活躍します。


部屋にグレーを取り入れるメリット・デメリットは以下の通り。


メリット
●    部屋全体の「まとまり」を出しやすい
●    中間色なのでコーディネートに失敗しにくい


デメリット


●    色自体の主張が少ない
●    グレーをメインとしたコーディネートが難しい


 


ブラウン・ベージュ


ブラウンやベージュは、赤やオレンジなどの暖色に黒を加えた色です。


土や木といった自然を感じさせるため、安心感を与える色でもあります。


部屋作りにおいても、ブラウンを取り入れることで「ナチュラル」を表現できるでしょう。


具体的なメリット・デメリットは以下の通り。


メリット
●    居心地の良い空間になる
●    統一しても見飽きない


デメリット
●    部屋が単調になりやすい
●    ベージュは汚れが目立ちやすい

色が持つイメージから②

ブルー・グリーン系


海や空、水などのイメージをさせるブルー。


それから草木や自然を彷彿とさせるグリーン。


どちらも「自然の落ち着き」を表す色で、部屋作りにおいても重宝するカラーです。


ブルーやグリーンのメリット・デメリットは以下の通り。


メリット


●    部屋を広く見せることができる
●    清潔感を与える


デメリット
●    色が目立つため他カラーと合わせにくい
●    ソファの色を中心にコーディネートする必要がある


 


レッド・パープル型


情熱的で主張の激しいレッド。


そして神秘と不安が織り混ざった中間色であるパープル。


どちらもエキゾチックさを表現できる色ですが、コーディネートにおいてはややハードルの高い色といえます。


レッドとパープルのメリット・デメリットは以下の通り。


メリット
●    コーディネート次第で部屋に温かみが出る
●    レッドやパープルの家具をひとつ取り入れることで部屋に統一感が生まれる


デメリット
●    配色比率によっては部屋に違和感をおぼえてしまう
●    「落ち着いた部屋」を作るのが難しい

ソファ選びは床とのカラーコーディネートも重要


それぞれの色彩がもつイメージについてお伝えしてきました。


では次に、ソファと「床との相性」について解説します。


ソファ選びにおいては、床とのカラーコーディネートも重要なポイントです。


ここではフローリングから和室、大理石まで、それぞれの床とソファとの相性について解説していきます。


 


フローリング【ライト系】



明るめのフローリングの場合、ホワイトやグレーといった明るめのソファがおすすめです。


上記のコーディネートでは、ライトなフローリングにグレーのソファを設置。


またソファの脚をスチール素材とすることで、「モダン」が表現されています。


フローリングとの相性だけでなく、白と黒ベースの柄の入ったラグによって、さらに統一感がアップ。


 


フローリング【ナチュラル系】



木目の見えるナチュラルなフローリングには、グリーンやダークブラウンといった「落ち着いた色のソファ」がおすすめです。


上記のコーディネートでは、ヘリンボーン調のフローリングに「淡いグリーンのソファ」を配置。


ローテーブルやテレビ台も木製家具で揃えることで、ナチュラルな雰囲気を醸し出しています


 


フローリング【ダーク系】



ダーク系のフローリングには、ブルーやグレーといった「やや暗め」のソファがおすすめです。


上記のコーディネートでは、赤っぽいフローリングに「やや暗めのブルーソファ」を設置。


またソファの脚もウッド調にするなど、フローリングの色に合わせることで、部屋全体に統一感が生まれてきます


 


和室【畳】


和室の場合は、脚のない「ローソファ」がおすすめ。


和室はフローリングと違い、寝っ転がったり、そのまま地べたに座ったりして使います。


そのため和室は、ローソファとの相性が良いのです。


逆に、脚の高いソファを和室に置くと、圧迫感が生まれて落ち着けません。


和室でのコーディネートでは、ソファを含め、できるだけ「目線の低い家具」を揃えるのが鉄則です。


 


大理石など【ホワイト系】


大理石の場合は、床そのものが明るいためホワイトやアイボリーと合わせるのがおすすめです。


シンプルさや高級感を出すためにも、すべてホワイトで統一されているソファが良いでしょう。


本革のソファであれば、さらに高級感がアップします。

ソファの色からコーディネートを考える①


続いて「ソファの色」を基準としたコーディネートについて見ていきましょう。


ソファは、部屋の中でもっとも目立つ家具といっても過言ではありません。


そのため「ソファを何色にするか」によって、コーディネートの仕方も大きく変わります。


 




ダークなイメージを抱きやすい黒ですが、白やブラウンとの相性が抜群


壁や床をナチュラルカラーで統一し、真ん中に黒いソファを設置することで「モダン」や「シック」を表現できます。


上記のコーディネート例では、ソファ以外を「ブラウン」で統一。


ラグやテーブル、さらには「ソファの脚」もブラウンに統一することで、より「黒」を目立たせることができるのです。


 


Hommyが販売する「黒」のおすすめソファ


[幅128]2人掛けソファ 合皮 脚高 背もたれゆったり



ブラックに限りなく近いダークブラウン仕様の「合皮ソファ」となっており、シックな大人スタイルな部屋作りに貢献。


幅128cmで背もたれも長めに設計されているため、ゆったりと後ろにもたれかかってリラックスできます。


 


オフホワイト



華やかなイメージがある白・オフホワイト。


白いソファを置くことで、部屋全体が一気に明るくなります。


白いソファの場合、やはりホワイトベースのコーディネートがおすすめ。


上記の例では、テーブルや棚など「白いインテリア」をメインにコーディネートしています。


加えて各所に赤いラグや観葉植物を置くことで、清潔感のあるまとまった部屋を演出。


 


グレー



黒の中間色であるグレー。


他の色とも合わせやすいため、各インテリアを置いた後、最後にグレーソファを置くといった部屋作りでも良いでしょう。


上記のコーディネート例では、オフホワイトを貴重とした空間にダークグレーのソファを合わせることで、カジュアルながらもどこか高級感も兼ね備えています。

ソファの色からコーディネートを考える②

ブラウン・ベージュ



基本的にどんな色とも相性の良いブラウン。


ブラウンのソファは、どんな部屋のコーディネートにも合わせやすいです。


大きめのブラウンソファを置くことで、部屋全体に「落ち着き」が生まれます。


ソファ以外の家具もブラウンを基調とするのがオススメ。


しかし、ブラウンだけだと短調なので、観葉植物など「グリーン」を所々に散りばめめて、部屋全体が引き締めましょう。


 


Hommyが販売する「ブラウン」のおすすめソファ


[幅186]3人掛けソファ カウチソファ ゆったり


幅186cmの3人掛けソファで、1人でもゆったりと脚を伸ばせるサイズです。


左右のシェーズロングは入れ替えが可能となっており、3パターンに変更できます。


生活スタイルに合わせた使い方ができる万能ソファです。


 


ブルー・グリーン系



ブルー・グリーン系のソファは、部屋全体に爽やかな印象を与えます。


どちらも基本的にブラウンとの相性が良いため、ブラウン系の床やテーブル、テレビ台と合わせるのがおすすめ


ブラウンという短調な空間の中にブルー・グリーンのアクセントを加えることで、部屋全体にまとまりが生まれます。



Hommyが販売する「ブルー」のおすすめソフ


[幅159] 2.5人掛けソファ ファブリック コンセント付 選べる3色



幅159cmの2.5人掛けソファです。


同ソファでは、耐久性のあるポリエステル素材を使用。


シワになりにくく汚れも落ちやすいため、メンテナンスが簡単です。


またソファにはコンセントを完備。


ソファでくつろいだまま充電が可能です。

ソファの色からコーディネートを考える③

レッド・パープル型



情熱的でエキゾチックなイメージを彷彿とさせるレッド・パープル。


ホワイトベースやブラウンベースなど「統一性のある部屋」には合いません


しかし、アメリカンヴィンテージやボヘミアンな雑貨を並べて、少し「雑多な雰囲気」を出すことで、ソファが一気が映えるように。


上記のコーディネート例では、花柄のスタンドライトや観葉植物、ギターなど「ボヘミアンな空間」の中に赤いソファを設置。他のインテリアと組み合わせることで全体がまとまります。

作りたい部屋のテイストからソファの色を選ぶ

ソファの色を基準としてコーディネートをご紹介しました。


一方で、「作りたい部屋」のテイストからソファの色を選ぶことも可能です。


ここでは、部屋のスタイルごとにおすすめのソファをご紹介します。


1.    北欧風インテリア
2.    アメリカンヴィンテージ
3.    ナチュラルテイスト
4.    モダンテイスト


1. 北欧風インテリア


北欧風の部屋では「ナチュラルさ」「シンプルさ」が重要になります。


テレビ台やテーブルなどが木製家具の場合、ソファは「グリーン」が合うでしょう。


木材とやさしいグリーンの素材を合わせることで、北欧諸国の「美しい自然」をイメージさせます。


 


2. アメリカンヴィンテージ



アメリカンヴィンテージ風の部屋では、いかに「古い素材感」を出すかが重要です。


そのため、黒やブラウン調の「革ソファ」がオススメです。


その他にも「年代物のヴィンテージ家具」をメインに、木・鉄・革を使ったインテリアを並べると、さらに雰囲気がよいでしょう。


 


3. ナチュラルテイスト



ナチュラルテイストの部屋では、「自然のぬくもり」がベースになります。


そのため、ダーク色のソファがオススメ。


また、脚部分を木材にしたり、肘のないソファを置くことで不自然さがなくなり、自然のぬくもりを際立たせることができます。


 


4. モダンテイスト



モダンテイストの部屋では、ブラックやグレーなど「無機質ながらも落ち着きのある空間」がベースになります。


加えてガラスや金属素材を組み合わせることで、より引き締まります。


ソファはグレー系かつ「スチール素材の脚」を用いることで、より高級感・統一感が増すでしょう。
 


 

番外編:ソファの色選び①


それでは最後に「番外編」として、上記では紹介しきれなかったソファの色選びについてお伝えします。


ここでご紹介するのは以下の3つです。
1.    汚れが目立たないソファの色
2.    部屋を広く見せたい
3.    ソファを部屋のアクセントにしたい


 


1. 汚れが目立たないソファの色


黒やブラウンといった暗めのソファは、汚れが目立ちにくいです。


一方の白・オフホワイトは汚れがかなり目立ってしまいます。


またソファ選びにおいては、汚れだけでなく「経年劣化」も考慮する必要があるでしょう。


ある程度年数が経つと、白・オフホワイトの場合、生地がくすんでしまう可能性が高いです。


そのため、ソファを購入する際は「何年くらい使うのか?」をよく考えて購入するようにしましょう。


また「ファブリック素材(布)」は、一度汚れが付くとなかなか取れないため注意が必要です。


汚れに悩まされたくないという方は、少し金額は上がりますが、レザー(革)のソファを購入することをおすすめします。


 


Hommyが販売している「汚れが目立たない」ソファ


[幅178] ソファ PVC カップホルダー付 クッション付 リクライニング3段ギア



幅178cmの2人掛けソファです。


中央にカップホルダーが付いているため、コーヒーやお茶を飲みながらゆったりと過ごせます。


また合皮素材であることから、傷がつきにくく汚れも拭き取りやすい魅力があります。
 

番外編:ソファの色選び②

2. 部屋を広く見せたい


部屋を広く見せたい場合は、白・オフホワイト・ブルー・グレーといったソファがおすすめです。


 


白・オフホワイト


壁や天井が白いホワイトベースの場合、ソファも白い方が部屋が広く見えます。


すべての色の中でもっとも明るい白・オフホワイト。


白いソファによって、存在感や圧迫感が少なくなり、空間がより広く見えるのです。


それに相乗して、「シンプルさ」や「高級さ」が加わります。

[幅170] 3人掛けソファ ファブリック 脚脱着式 選べる2色



幅170cmの3人掛けソファです。


コンパクトサイズにまとまった同ソファでは、上品なアイボリーカラーを採用。


利便性にも富んでいながらも高級感はキープしています。


3人で座るも良し、1人で贅沢に使うも良しの万能ソファです。


 


ブルー
寒色といわれるブルーも、部屋を広く見せられる色です。


一見「黒やダークグレーと同じなのでは?」と思いますが、ブルーは黒やダークグレーと比べて重圧感が限りなく少なくなります。


ブルーのソファを中心に、ホワイトやターコイズブルー、イエローを使ったインテリアを並べることで、より開放感がアップします。


 


グレー
ひとくちに「グレー」といっても多種多様なグレーが存在します。


なかでも、部屋を広く見せるなら「明るいグレー」「薄いグレー」がおすすめ。


グレーは、白と比べてもカジュアルな空間を演出してくれます。


そのため、白に近いグレーを取り入れることで、よりカジュアルで開放感のある空間を作ることができるのです。

[幅195]ソファベッド 3人掛け クッション付 ウォールナット 脚高



幅195cmの3人掛けソファです。


大きめのサイズで作られているため、ソファとしてはもちろん「ソファベッド」としての利用もできます。


カフェをイメージした「明るめのグレー」を採用しているため、おしゃれな空間作りに貢献してくれるでしょう。
3. ソファを部屋のアクセントにしたい
ソファを部屋のアクセントとしたい場合は、レッドやグリーンがおすすめ


 

番外編:ソファの色選び③

レッド
赤いソファは、他の家具やインテリアと合わせるのが難しいですが、先述のように、少し雑多でボヘミアンな空間にはピッタリ。


雑多な中に赤いソファを置くことで、ホワイトやブラウンベースの部屋とは異なる、エキゾチックな雰囲気の部屋を作ることができます。

[幅130] 2人掛けソファ 合成皮革 ふんわり掛け心地 選べる3色



幅130cmの2人掛けソファです。


合皮仕様かつ厚みのあるクッションを使用しているため、座り心地も抜群


コンパクトサイズなので、広さが限られているお部屋でも活躍してくれます。



グリーン
「赤いソファほど目立たなくていい」という場合は、グリーンがおすすめ。


色としては目立ちますが、木目調のフローリングやブラウンの家具など「自然」をイメージさせるインテリアとの相性は抜群です。


グリーンのソファが程よくアクセントとなり、よりナチュラルな雰囲気の部屋を作ることができるでしょう。


 


まとめ


本記事では、「ソファの色選び」について詳しく解説してきました。


部屋の中でもっとも目立つ家具ともいえるソファ。


ソファをひとつ選ぶにしても、まずソファを選んでから部屋をコーディネートしたり、作りたい部屋のスタイルから逆算してソファを選んだりと、さまざまな選び方があります。


ぜひ本記事の内容を、ご自身のソファ選びに役立てみてください。



また、Hommyではレイアウト例から部屋のインテリアを丸ごとレンタル・購入することも可能。


ソファの色選びに失敗するリスクを最小限に抑えることが可能です!


ソファの色選びで迷った際はぜひHommyをご利用ください。


 


>>Hommyでソファを選ぶ